ギャバ200

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料600円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

玄米の糠の部分を特殊な製法で抽出しました。
玄米の栄養素を気軽に摂取して頂けます。
お味噌汁に入れたり、サラダにふりかけたり、気軽に使って頂けます。

◆ギャバ200の栄養機能

玄米ご飯2膳分の玄米栄養成分

わずか大さじ一杯の「玄米素材ギャバ200」には、白米では摂れない玄米栄養成分が玄米ご飯2膳分も含まれております。

特に現代人が不足しているといわれる、ビタミンB群、マグネシウム、鉄、亜鉛、などのビタミン・ミネラル類、有害物質を最も吸着して外に出すといわれる米ぬか食物繊維、抗酸化物質のフィチン酸、イノシトール、オリザノール、など多くの栄養素や機能性栄養成分が含まれております。

日本人が歴史的に主食として食べてきた玄米には、私たちの細胞レベルで必要な栄養素が全てバランスよく含まれているといっても良いでしょう。
その玄米の栄養素(ビタミン・ミネラル・機能的栄養成分)の95%は米ぬかと胚芽に含まれているといわれております。

この米ぬか、胚芽のみで作られた「玄米素材ギャバ200」はまさに玄米栄養素の塊りといえるでしょう。

玄米ご飯に比べ、なんと120倍も!

新技術により、胚芽と糠に内在する酵素の働きを活かし、ギャバ(GABA)を大量に富化することに成功しました。
玄米の恵みギャバ(GABA)は、神経的なイライラ・ピリピリ・不眠などやストレスだらけの現代人の脳にとって、重要な栄養素です。

「玄米素材ギャバ200」にはこの貴重な天然素材のギャバ(GABA)が玄米ご飯の120倍も含まれています。

◆飲み方・使用量
手軽にお召し上がれます。

昔から、玄米食は食養生の基本です。しかし、実際には玄米食を毎日食べる事はそう簡単ではありません。その点「玄米素材ギャバ200」なら香ばしい微粉末ですので、ご飯に炊き込むことはもちろん、コーヒー・紅茶・ココア・豆乳・牛乳・スープ・みそ汁・ヨーグルトなどにお好みで混ぜて、いつでも手軽に召し上がれます。

香ばしい微粉末なので消化吸収率も抜群、胃腸に負担をかけません。胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの胃腸の弱い方、歯が悪くて噛む力の弱い方、食養生や小食療法(ダイエットなど)でカロリーコントロール中の方に特にお勧めします。スープやみそ汁などに混ぜ、介護食、赤ちゃんの離乳食にも最適です。

◆ギャバってどんな物質?

脳に存在するアミノ酸の一種

ギャバ(GABA)はアミノ酸の一種で正式名称は「γ(ガンマ)ーアミノ酪酸」といいます。自然界では、動物や植物に広く分布し、私たちが日ごろ口にしている米やお茶、野菜、発酵食品などにも微量ながら含まれています。

また、人をはじめとする哺乳動物の脳や脊髄にもギャバは多く存在します。脳内のギャバは、そこで思考力、感情といった脳の働きを正常に保つうえで欠かせない役割を果たしているのです。

「抑制性」の神経伝達物質の代表

脳はおよそ140億個の神経細胞でできていて、神経細胞どうしは「神経伝達物質」という物質を互いにやりとりしながら情報を伝播しています。

神経伝達物質には「興奮性」のものと「抑制性」のものがあり。私たちは普段それらの分泌バランスで、ものを考えたり判断したり、あるいは泣いたり笑ったり、からだを動かしたりしているのです。

このうち抑制性の神経伝達物質の代表がギャバです。

ストレスの多い現代には必須

脳内のギャバはグルタミン酸という同じアミノ酸系の神経伝達物質と拮抗しながら働いています。グルタミン酸は、ギャバとは反対の「興奮性」の神経伝達物質で、ストレスの多い現代人の脳ではこのグルタミン酸の分泌量が増えやすい状態にあります。

脳内がグルタミン酸偏重になると、神経が常に高ぶった状態となり、全身に悪影響がでてきます。血圧の上昇はその最たるものです。

そこでグルタミン酸の暴走を抑えるブレーキ役のギャバが、いま健康成分として、大いに注目されているのです。